HOME  >  Official

会則

第1条

本会は、宮城県宮城広瀬高等学校同窓会と称し、事務局を同校内におく。

第2条 

本会は、会員相互の親睦を図ると共に母校の発展を助成し、併せて在校生に対する激励を行うことを目的とする。

第3条 

本会は、前条の目的を達成するため次の事項を行う。

  • (1)会員名簿の作成
  • (2)会報の発行
  • (3)在校生への援助
  • (4)講演会等の主催
  • (5)その他の目的達成に必要な事項

第4条

本会の会員は次の通りとする。
正会員 :宮城県宮城広瀬高等学校卒業生叉はこれに準じる者で、役員会で認められた者
特別会員 :現旧職員及び本会より推挙された者

第5条

本会に次の役員を置く。

  • (1)会      長 :1名 
  • (2)副 会 長  :3名
  • (3)常任幹事 :若干名
  • (4)幹      事 :若干名
  • (5)監      事 :3名

会長、副会長は総会に諮り、正会員中より選出する。
常任幹事及び監事は会員より、会長がこれを委嘱する。

第6条

会長は会務を統括し、本会を代表する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはこれを代行する。
常任幹事は、本会の庶務、会計その他の会務を掌る。

第7条

役員の任期は3ヶ年とする。但し再任を妨げない。

第8条 

本会に顧問及び参与をおくことができる。
顧問は校長が委嘱し、会長の諮問に応ずる。
参与は現校長を推戴し、会長の諮問に応ずる。

第9条 

本会は毎年1回定例総会を開き、諸般の協議並びに報告を行う。
定例総会の期日・場所については役員会で決める。
また役員会が必要と認めたときは、臨時に総会を開くことができる。
役員会は随時にこれを開き、予算、決算その他重要な会務を審議する。

第10条

本会の経費は会費、入会金その他を以てこれにあてる。
会費、入会金は、本会入会時に、在学中分納した積立金をもってこれにあてる。

第11条 

本会の財政基礎を強固にするため、基本金の制度を設ける。
基本金は総会の決議により支出する。

第12条

会員の多数在住する地域叉は団体に支部を設けることができる。
支部を設けたときは直ちに報告するものとする。
支部は年1回支部の活動について事務局に報告する。

第13条

事務局員は母校職員より選出し、会長が委嘱する。

第14条

本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第15条 

本会則は総会の決議により変更することができる。

附      則

  • 1  会務執行上の細則は、別に内規として定める。
  • 2  本会則は昭和61年4月1日より施行する。
  • 3  昭和62年4月1日    一部改正
  • 4  平成3年9月8日      一部改正
  • 5  平成21年9月12日   一部改正

役員と組織

同窓会役員

平成28年度

会  長 松山  恒博 4回生
副会長 尾形  明子 4回生
遠藤  重久 7回生
安達  竜一 10回生
顧  問 津田  宗彦 1回生
参  与 浅野  雅子 学校長
常任幹事 井戸   孝   (会  計) 2回生
引地  一成  2回生
菊地  正毅 3回生
髙橋  正敏 7回生
監  事 柿木  美帆 2回生
住吉  正敏 2回生
本郷   仁一 2回生
学年幹事 以下、卒業各回生の学年クラス幹事

学校事務局

総  務 太田  恭之 教諭
書  記 菊地  喜和子 事務室長
佐合  真知子 教諭

同窓会職務担当組織

総  務・・・(会務全般に関すること)運営・会計の管理

会  員・・・(会員に関すること) 名簿の管理、会報の発送

広  報・・・(情報伝達に関すること)会報の発行、IT関連

職務担当組織図
統  括 職  務 担当副会長 担当常任幹事
会長  松山  恒博 総  務 安達  竜一 井戸   孝
髙橋  正敏
会  員 尾形  明子 津田  宗彦
菊地  正毅
広  報 遠藤  重久 引地  一成

プライバシーポリシー

利用目的

  • 会員同士の親睦及び相互連絡
  • 宮城県宮城広瀬高等学校同窓会事務局及び
    宮城県宮城広瀬高等学校(以下、母校)からの連絡及び広報
  • 会員名簿の作成

個人情報収集項目

  • 会員番号
  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 旧姓・旧名
  • 勤務先
  • 在籍学校の名称及び部又は課名、役職名、

電話番号個人情報収集方法

  • 卒業時母校からの提供
  • 会員本人の申告
  • 他会員からの申告

情報の窓口

  • 情報の申し出窓口は、宮城県宮城広瀬高等学校同窓会役員会(以下、役員会)及び母校とする

情報の提供

  • 原則として、会員以外に情報の提供をしない
  • 役員会で正当の理由があると判断した場合のみ外部に情報の提供が出来る
  • 外部に情報の提供をした場合は、会員に提供した理由及び項目等を報告する
  • 会長ならびに事務局の承認を得れば会員名簿の閲覧を許可する  ※

個人情報の管理

  • 情報の保守管理は同窓会及び母校で共同して行う
  • 情報の保守管理は役員会及び母校が指定した業者に委託する事が出来る
  • 情報を保有する者は、情報を厳重に管理し、漏洩・不正流用・改ざん等の防止に適切な対策を講じる
  • 情報の変更が判った時は速やかに情報を訂正する
  • 情報の正確性・最新性を確保するため、卒業年度・氏名のみを公開し最新の情報を募る
  • 保有の必要が無くなった情報は確実に破棄する
  • 本人の要求により情報の開示・訂正・利用停止を求める事ができる

※  平成25年7月21日追加
平成17年9月3日制定

ページ内トップへの矢印画像